リサイクルショップは断捨離生活の味方~いらないものは捨てましょう~

馴染みのリサイクルショップで買い取ってもらうメリット

不用品をゴミとして廃棄処分するのではなく、まだまだ使えるものはリサイクルショップに買取ってもらい、必要な人にリユースしてもらうべきです。

 

ゴミの減量にもなり、少しはお小遣いを得る事も可能です。

 

そんなリサイクルショップに買取りをしてもらう際にも、何でも買い取ってもらえる店、衣類専門の店、ブランド品専門の店の3種類ぐらいを馴染みのリサイクルショップとして利用される事がお勧めです。

 

せっかく買い取ってもらうのですから、少しでも高く買い取ってもらえ、また少しでも早く新たに利用してくれるお客さんの手元に届くようにするためです。

 

私の場合は、ブランド品を買取ってもらった事は余りありませんが、様々な品物を買取ってもらえるお店には、小物の未使用の電気製品や、贈答品の食器やタオル類や未使用の衣類など色々なものを買取ってもらいました。

 

査定してもらっている間に、店を回り、時には購入したり、こんなものも売っているのだと、買取ってもらえそうな品物の確認もしつつ、何となく宝探しをしているようで楽しむ事もできます。

 

一方、衣類専門店は店で販売出来る衣類と、販売できずに海外に輸出して活用してもらう衣類に分類査定し、それぞれグラム単価で買い取ってもらえるシステムで、こちらのお店では袖を通したものの、まだまだ使える衣類を買取ってもらっています。

 

この様に、衣類も2つのお店に最適なものを持ち込んで買い取ってもらう事で、一層のゴミとしての廃棄を減らす事を考慮しています。

 

それぞれのお店の特徴を知り、買取ってもらうべき品物に応じて馴染みのリサイクルショップを持つ事が、エコにも適い、査定にも満足できる方法だと思います。

 

服買取の口コミはこちら